ライブのノリ方がわからない!初心者が押さえておくべき5つの動作とは?

初めてライブに行く方が気になることのひとつに、ライブ中のノリ方があると思います!

ライブハウスはなんとなく怖いイメージや危ないイメージがあるかもしれませんが、演奏が始まったらそんなことを気にするのはもったいないです!

ただ立っているだけじゃつまらない!

ライブを10倍楽しくするライブでのノリ方5つをお教えします!

1.腕をあげて振る

一番簡単なノリ方です。

初めてのライブで音楽に合わせて動くのが恥ずかしいという人は、アーティストを応援するような気持ちでまず腕を高くあげてみましょう!

曲に合わせてあげるのもよし、手を開いて左右に振るのもよし。

手を握って拳を突き上げたり、人差し指を立てて「一番のバンドだ!」と盛り上げるのもいいですね!

少し動いて恥ずかしさがなくなってくれば、音楽に合わせてどんどん踊っちゃいましょう!

2.ジャンプ

腕をあげる動きと合わせてジャンプもしてみてください。

ロックでよく耳にするいわゆる「縦ノリ」というノリ方です。

曲によっては腕をあげずにジャンプだけすることもあります。

演奏中ずっとジャンプしていると、間違いなく次の日ふくらはぎが筋肉痛になります。(笑)

つま先をつけたままかかとだけを浮かせてジャンプすると、筋肉痛を軽減できます。

スポンサーリンク

3.ツーステップ

曲に合わせて足で右右左左右右左左のステップを踏む踊り方です。

体勢を低くしその場で走るようにして行います。

【ツーステ講座Part1】

【ツーステ講座Part2】

個人的に特にかっこいいと思うツーステップはこんな感じです。 

【SiM MAHさんの華麗なツーステップ】

ちなみにツーステップ(通称ツーステ)がぴったりとハマる曲はある程度決まっているので、他のお客さんを見ながら練習してみてください!

曲にぴったりハマるとめちゃくちゃ楽しいですよ!

スポンサーリンク

4.モッシュ

アップテンポの曲では必ず発生するのがモッシュです。

客同士が激しめの押しくらまんじゅうをして盛り上がります。

ライブで目にすると危なそうと思うかもしれませんが、ライブで恥ずかしくてノリ切れない、どう盛り上がっていいかわからないという方にはぴったりなんです!

モッシュに入れば体を動かさざるを得ませんし、周りは知らない人ばかりで人目が気になることもありません。

モッシュはステージに近づけば近づくほど激しくなります。

一度入ったら曲が終わるまで抜けるのは困難なので、初心者や女性、体力に自信のない方はモッシュの後ろの方から始めることをオススメします!

5.サークル

曲目の中でも特に盛り上がる曲、定番の曲では客席で大きな円(サークル)ができることがあります。

曲のサビになったときにそのサークルの中を全力でダッシュします!

何十人もの人が一斉に走るので、靴紐がほどけないようしっかり確認すること、前をきちんと見て転ばないようにすることに注意してください。

オススメはサークルの外側を走って、サークルの周りにいる人とハイタッチしながら走ることです!

疲れたときサークルから抜けやすいですし、人にぶつかるなどの危険性も低めです。

また、サビになった瞬間、一斉にサークルの中心に集まってモッシュが始まることもあります。

どちらも一度入ると、その場にいる人みんなが仲間のような感覚になりとっても楽しいですよ♪

スポンサーリンク

まとめ

抑えておくべき5つの動作!

  • 腕をあげて振る
  • ジャンプ
  • ツーステップ
  • モッシュ
  • サークル

アーティストの動きを真似してみたり、アーティストやファンの間でこの曲はこの振り付け!という風に決まっていることもあります。

是非その場でマスターして一体感を楽しんじゃいましょう!

もちろん他の人がしているからといって全員同じ動きをする必要はありません。

自分の好きなように踊って楽しむのもいいですし、好きな曲では動かずに演奏を楽しんだりと、周りを気にせずライブを堪能してください!

スポンサーリンク

2 Comments

gukkin

返信遅くなりましたがご指摘ありがとうございます!
さっそく調べて修正させていただきました☆

返信する

gukkin にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です